物流現場の可視化

LOGISTICS COCKPIT

 

概要

ロジスティクスコックピットとは、現場にいなくても仕事をコントロールしたい、スピーディーな意思決定をしたい、これらのご要望に応えるため、物流状況を可視化してすぐに伝えることが出来るコミュニケーショツールです。
大きく分けて2つの情報があります。


  1. 1. 物流可視化モニター
    • ・物流業務進捗モニタ
    • ・現場モニタカメラ
    • ・ロボットモニタ
    • ・物流生産性モニタ
    • ・物流作業計画モニタ
    • ・物流収支モニタ
  2. 2. デジタコミュニケーション
    • ・タスク管理 + チャット

logisticscockpit_03.gif
 

特徴

  • ・分散している情報を一つの画面で分かりやすく表示
  • ・現場センター長やリーダー毎に、目的に合った情報を選択表示
  • ・現時点での情報に加え、少し前の情報を使った分析、少し先の情報の可視化による、変化に対応するための予測情報がわかる

logisticscockpit_02revised.jpg
 

効果

  • 1. リアルタイムに状況収集ができ、適切なタイミングで現場への指示が可能に
  • 物流進捗状況(例えばWMSの進捗可視化)で、どの業務で作業遅延が発生しているか、どの業務が進んでいるかなどが即時で把握でき、適切な指示が可能になります。
  • 2. コミュニケーションを密にとることで、業務が円滑に
  • BIZBOのタスク管理で状況判断や進捗を追う事ができ、かつトーク(チャット)ですぐに伝えられ、作業漏れの防止や作業効率が向上します。
  • 3. KPI情報の可視化で容易に
  • 従来、個別のシステムでしか得られない情報が一画面で可視化でき、改善活動のきっかけとなります。
CONTACT

お問い合わせ

サービスに関するご相談、資料請求は
以下よりお気軽にお問い合わせください