WEB調達

PROMS

WEB調達 CLOUD PROMSとは

ロジスティクス連携で、属人化を排除

CLOUD PROMSは、調達業務を支援します。
サプライチェーンマネジメント上での部品の調達や製品の仕入れにおいて、サプライヤーへ発注の通知を行い納期回答の支援やサプライヤーからの入荷予定情報によるロジスティクス連携が特徴です。

proms_image.jpg

課題

  • ・各部署からの注文を購買部門が取り纏め発注処理をしているが、大量のため時間がかかる
  • ・発注数の間違いチェックをしきれず、誤発注が発生する
  • ・発注に対する処理状況が分からず、何度も電話で確認しなければならない
  • ・発注しても仕入先に在庫がなく、希望納期に商品が届かない
  • ・納品された商品の中に、以前より古いロットのものがあった
  • ・発注情報と納品物の突合せに時間がかかる

主な特徴と効果

  1. 1. 自動一括発注による発注業務の軽減

  2. 各部署の既存システムで発注入力を行い、CLOUD PROMSに集約します。購買部門は承認を行うのみで各サプライヤーへ自動一括発注ができ、業務が軽減されます。
    また、生産計画・実績管理システム CLOUD SPENCERであれば、計画された情報をそのまま利用し、よりスムーズに連携できます。

    proms_tokucho1.gif
  3. 2. 発注承認による誤発注の防止

  4. 購買部門で発注内容のチェックを行い、承認をされた発注情報のみ送信されるため、誤発注を防げます。


  5. 3. 生産計画の事前連絡による納期遵守率の向上

  6. 発注計画を共有することにより、サプライヤーは事前に注文予定情報が分かるため、希望納期に合わせた生産・販売計画が立てられます。よって、より確実に納期遵守が可能になります。


  7. 4. 情報共有による問合せ業務の軽減

  8. システムで発注内容の確認や承認、納期回答を確認できるため、電話による問合せ頻度が減り、無駄な作業がなくなります。


  9. 5. 分納の情報共有により入荷後の作業調整がスムーズに

  10. サプライヤーは発注依頼に対して、在庫や生産状況に応じ、分納による納期回答ができます。これにより、購買部門は計画を調整し、後続作業を効率よく進めることができます。


  11. 6. 現品票を利用し受入の作業を軽減

  12. CLOUD PROMSで発行・貼付された現品票を発注企業のシステムで読取り、入荷予定情報と突き合わせることで受入作業が軽減されます。
    また、倉庫管理システム CLOUD SLIMS生産計画・実績管理システム CLOUD SPENCERであれば、ローコストかつ短期間で新たな業務が始められます。

CONTACT

お問い合わせ

サービスに関するご相談、資料請求は
以下よりお気軽にお問い合わせください