2021.5.13
  • 小売業・飲食店
  • 生産性向上

煩雑な業務連絡をWEB掲示板で一元化

事例資料ダウンロード

導入ソリューション

  • コミュニケーション型タスク管理
企業名
株式会社ユナイテッドアローズ
企業規模
4,182名(2020年3月31日現在)
業種
小売業・飲食店
業務内容
生産性向上
売上高
1000億以上
取扱商品
他の織物・衣服・身の回り品小売業

概要

株式会社ユナイテッドアローズ様は、東証1部上場の大手セレクトショップとして18ブランドを展開されています。 同社では、電話やFAX、Eメールを業務で使用されていましたが、業務が順調に成長を続ける中で、物流における社内コミュニケーションの課題が徐々に顕在化していました。
同社の物流は、すべて外部の物流会社に委託しており、国内3か所にある24時間稼働の物流センターでタグ付けや検品作業、在庫管理を行い、そこから日本全国246店舗へ衣服や制作雑貨などを出荷しています。基本的には、本社からセンターに依頼を出して、物流をコントロールする体制でした。
会社の成長と共にブランド数や取り扱う物量が多くなり、本社からの依頼は必然的に増えていきました。
多種多様な依頼が来る中で、センターがなんとか対応してくれていました。トラブルが起きれば荷主である同社が「何ができていないのか」とセンターに問い合わせたくても、社内でしっかりとした連絡体制がとれていないため、言うに言えない状況でした。
そこで、各ブランドの担当者に散在していた情報を一元管理するべく、ITツールの導入を検討されました。

  • 課題
    • ・社内も含めて、しっかりとした連絡体制を整えたい
    • ・各ブランドの担当者に散在していた情報を一元管理したい
  • 成果
    • ・連絡の見落としがなくなり、確認回数が激減
    • ・各業務での入力項目をテンプレート化し、伝え漏れを解消

導入事例をダウンロード

どなたでも無料でこちらの事例資料をダウンロードいただけます。

ダウンロードはこちら

関連する導入事例

CONTACT

お問い合わせ

サービスに関するご相談、資料請求は
以下よりお気軽にお問い合わせください