グローバル物流管理

LMS-GLOBAL

課題と効果

  1. 01簡単に情報収集・管理したい

    通信手段がFAXや電話のため事務処理が遅延

    LMS-GLOBALでは、輸出入における物流の情報を一元管理します。

  2. 02在庫情報を一元管理したい


    海外倉庫の在庫情報が不明

    輸出国側や輸入国側の PO・インボイス単位まで可視化することで、輸出入における在庫情報を一気通貫での管理を実現します。

  3. 03-1輸送中の進捗管理がしたい


    貨物の輸配送中のステータスが不明
    製品がいつ届くのか不明

    複数拠点の在庫の統合管理および複数物流システムの情報を一元管理することで、問合せのリアルタイムな回答、進捗遅れを早期発見します。


    03-2ブッキング業務を簡素化したい

    ブッキング手配が煩雑でミスが発生


    ドラック&ドロップや検索条件の指定を活用し、ブッキング業務を支援します。

  4. 04ドキュメント管理・作成を効率化したい

    必要なドキュメントがすぐに確認できない紙での業務が輸出入手続きを阻害

    一元管理を実現し、ヒューマンエラーの防止および業務効率化に貢献いたします。

CONTACT

お問い合わせ

サービスに関するご相談、資料請求は
以下よりお気軽にお問い合わせください