IoTが生み出す情報を、価値につなげる

IoT

  • ホーム
  • BRAIS
  • IoTが生み出す情報を、価値につなげる IoT
 

温湿度管理オプション

 

温湿度管理オプション とは

IoTを利用して、温湿度の異常をリアルタイムに管理

温湿度管理オプションは、IoTを利用して計測した温度・湿度の情報をサプライチェーン上の業務情報と一元管理します。

温湿度の異常をリアルタイムに把握し、問題を予防することで商品を守ります。メールで異常が分かるため、どこにいても対応できます。

ondo_image.gif

 

機能と特長

  • 温湿度の計測・収集
    • ・製造過程、倉庫、トラック等、場所、モノを選ばず温湿度を計測
    • ・インターネットを通じてデータを収集
  • 温湿度の管理
    • ・業務システムから簡単に温湿度情報をグラフィカルに表示
    • ・日時、場所、温度を指定しての検索、CSVファイルの出力も可能
  • 異常の通知、アクション
    • ・温湿度が上限下限を超えた場合や、元に戻った場合にメールで通知
    • ・閾値を超えたときに後続処理が可能

 

導入効果

  • ・温湿度の情報を蓄積しているため、適正な温湿度管理の証明に利用できます。
  • ・業務システムから温湿度情報を簡単に参照できるため、不良品が素早く調査できます。
  • ・収集したデータを分析することにより、サプライチェーン上の温湿度変化の予兆をつかめるため、改善活動に利用できます。

 

IoTの活用

  • ・セイノー情報サービスは、IBM BlueMixを採用しており、温湿度に限らず、光・人感・速度・圧力・磁気など様々なセンサーデバイスからのデータを簡単に利用できます。
  • ・可視化ダッシュボード、 IoTデータの分析、モバイル アプリケーションの作成が容易にできるため、IoTを活用したサービスを、迅速にご提供いたします。

CONTACT

お問い合わせ

サービスに関するご相談、資料請求は
以下よりお気軽にお問い合わせください