2021.5.25
  • 物流改善

<第2話>イレギュラーな依頼の管理で現場を変える

作業漏れを防ぐ秘訣! 物流現場に特化したタスク管理とは

 

イレギュラーな依頼の管理で現場を変える

今回はBIZBOを活用することで業務がどう変わるか、どのようなメリットがあるかを、プレイヤー別に解説します。

 

物流現場に特有の環境が、依頼完了を難しくしている

ご存じの通り、物流には多くのプレイヤーが関わっています。
そのため、依頼を完了しようと思うと、情報伝達のリレーが発生します。
連絡手段としては、電話、メール、FAX(倉庫現場、ドライバーは主に電話)がまだまだ主流です。
そのため、「依頼がちゃんと伝わっているか分からない」、「調査や回答に時間がかかる」といった問題が発生しています。

課題
依頼者
  • ・メールにより依頼入力が手間
  • ・依頼をちゃんと読まれているのか不安
  • ・物流部からの返信が遅く、顧客満足度が低い
物流
管理者
  • ・依頼情報の集約と選別が手間
  • ・どれが緊急で優先依頼なのか分からない
  • ・漏れ、遅れ、忘れに気付かない
  • ・調査や回答に時間がかかる
  • ・相手が出るまで何回も電話している
作業者
(倉庫・輸送)
  • ・文字入力するのが面倒くさい
  • ・電話に出られず、留守電を確認する必要がある
  • ・言葉では詳細な情報を伝えきれない

このように物流現場では、1つの依頼を完了させるだけでも、多くのプレイヤーが関わり、たくさんの伝言リレーが発生します。
現場は連絡相手がすぐ応答できる場合ばかりではないため、何度も電話するなど手間が何倍にも増えていました。

対話型タスク管理ツールBIZBOは、この仕事環境を変えます。
伝言リレーによる不安が無くなり、仕事の伝達がスムーズになります。
では具体的にどう変わるのか、プレイヤー別に解説します。

 

プレイヤーごとの業務の変化

BIZBOを活用すると、業務は以下のように変わります。

  • ・依頼者
    • ・作業依頼テンプレートを活用することで、入力時間の短縮と伝達項目の漏れを防止
    • ・「既読ステータス」で確認電話が不要
  • ・物流管理者
    • ・情報が集約されるため、今日やるべき作業の選別や優先判別が容易
    • ・「ステータス表示」で進捗状況が分かりやすくなり、漏れ、遅れ、忘れを防止
    • ・調査や回答のスピードアップ
    • ・メッセージの使い分けで、スムーズな伝達を実現
  • 作業者(倉庫作業者・ドライバー)
    • ・ワンタッチ返信や音声通話により、メッセージの作成が容易
    • ・電話回数が減少
    • ・調査や回答のスピードアップ
    • ・写真や動画などで、現場の詳細情報が伝達可能
 

まとめ

BIZBOは、物流に関わるプレイヤーの課題を一挙に解決できます。

管理者は受けた依頼を完了させお客様の満足度を向上させることができ、作業者は作業を中断させることなくイレギュラーで受けた作業も確実に終わらせることができます。

BIZBOは物流現場という特有の環境下においても、プレイヤーが使いやすい工夫を凝らしています。次回はその内容についてご紹介します。

記事一覧に戻る

その他の特集・コラム

メルマガ登録

導入事例や新しいソリューション情報など、メルマガ会員限定で先行案内しています。

登録はこちら
CONTACT

お問い合わせ

サービスに関するご相談、資料請求は
以下よりお気軽にお問い合わせください