作業員管理

FLabor

課題と効果

 

本社物流部門(経営層)における活用例

  1. CASE01

    ・物流現場の生産性を把握したい
    ・物流現場の作業員数を適正にしたい
    ・物流現場の運営を正しく評価したい

      FLaborなら、本社物流部門(遠隔地)から、全ての物流現場における人時生産性が分かり、適切な改善指示や運営評価ができます。

    物流現場の改善指示・コスト削減

    人時生産性の改善余地から物流現場に対して、要員数の改善を指示しコスト削減を達成できます。


    物流現場の運営評価・能力向上

    人時生産性の視点で各物流現場を評価し、モチベーションを高めて、ベストプラクティスに近づけます。

 

物流現場における活用例

  1. CASE02

    ・人時生産性をベンチマークしたい
    ・物量に応じた作業員数を把握したい
    ・作業員をリアルタイムに再配置したい

      FLaborなら、物流現場責任者(センター長)が人時生産性のベンチマークを持ち、適切な作業員数をコントロールできます。

    作業員の手配 (出荷前日)

    人時生産性のベンチマークにより、翌日の物量に必要な作業の要員を手配できます。
    また、シフト管理表が自動作成されます。


    作業員の再配置 (出荷当日)

    予定外の物量による作業の遅延が生じない様に、リアルタイムに個人別人時生産性を把握し
    工程ごとに作業員を再配置できます。

 

労務管理における活用例

  1. CASE03

    ・ 個人別の作業時間を正確に収集したい
    ・ 作業時間の集計を簡単にしたい
    ・ アルバイト・パートを正当に評価したい

    • FLaborなら、労務管理者の手作業による作業時間の収集、転記、分析がなくなります。

    労務管理システムと連携

    把握した作業員別の作業時間を給与計算の基礎情報として直接利用する事で、タイムカードを代替します。


    労務情報を一元管理

    点在する労務管理ドキュメント(エクセルなど)を廃止・集約することで管理レベルを高め、
    人時生産性に応じた賃金への見直しを促します。

CONTACT

お問い合わせ

サービスに関するご相談、資料請求は
以下よりお気軽にお問い合わせください