データ交換

EDI


課題と解決方法と効果

  1. CASE01

    得意先からのEDI連携の要求に応えられない

    • ・初期投資が抑えられるクラウドでEDIを実現します。

    弊社の構築済システムを利用することで初期投資を抑えたEDI連携を行うことができました。また、新規得意先との設定作業も簡易的になり、導入工数の減少につながりました。


    1. CASE02

      自社運用のEDIシステムが老朽化し再構築したいがコストが高い

      • ・生産完了しているモデムを使っているケースも多く、システムの再構築にコストも手間もかかります。クラウドサービスの場合は、ハードを自社で持たず、コストを抑えて使えます。

      初期投資を大幅に抑えることができ、毎月の使用量も従量課金のため、支払いに無理がなくなりました。


      1. CASE03

        専門の知識を必要とする保守要員の維持が大変

        • ・EDIシステムを維持するには、専門性の高い知識と技術が必要です。その点、クラウドサービスはそれらを全て任せられるため、要員確保の悩みが消えます。

        24時間365日のサポートにより、自社で保守要員を抱えずにシステム運用が可能となりました。


        1. CASE04

          リトライ対応がややこしく時間がかかる

          • ・通常の運用をサポートする専門のチームが、リトライ作業をサポートいたします。

          対応にかかる時間がかなり削減され、業務に専念する時間ができました。


CONTACT

お問い合わせ

サービスに関するご相談、資料請求は
以下よりお気軽にお問い合わせください