配車計画

ASSORT

課題と解決方法と効果

  1. CASE01

    配車担当者の負担が大きいが、作業を分担すると配車効率が悪くなる

    • ・複数人で配車を行っても、互いの配車状況が可視化されるため、車両や荷物の融通がしやすくなります。

    特定の担当者に頼っていた配車業務が分散し、積載効率を落とさず負担を減らせました。


    1. CASE02

      配車に必要な庭先条件(2t車限定など)や積載率を注意しながら配車しなければならず、配車業務が属人化している

      • ・積卸地ごとの庭先条件のマスタ登録や、車両ごとの積載率を数値で表示できます。

      配車担当者以外にも、配車業務ができるようになりました。


      1. CASE03

        台帳を見て配車してるが、配車が漏れてしまうことがある

        • ・未配車の荷物のみの表示ができるため、配車漏れを防げます。

        配車漏れがなくなり、お客様の信頼を得られました。


        1. CASE04

          配達後、空きトラックのまま帰ってくる

          • ・自分が担当していない拠点の運行状況や、車両ごとの積載率が簡単に確認できます。

          空きトラックを複数拠点の配車担当者で融通しあうことで、運行効率が上がりました。

CONTACT

お問い合わせ

サービスに関するご相談、資料請求は
以下よりお気軽にお問い合わせください