セミナー

物流EXPOセミナー


~物流2024年問題の解決に向けた3つのアプローチ~

はじめに

1月25日から3日間、東京ビッグサイトで「第2回物流EXPO」が開催されます。
弊社はお馴染みのWMS「SLIMS」に加え、SLIMSとの連携実績のあるAGV・AMR・GTPなど
複数の物流ロボットを展示し、より物流DXを身近なものとして体感いただけます。

本セミナーは、開催期間中「物流ロボット」「アウトソーシング」「ドライバーと倉庫の連動」という
3つのテーマでセミナーに登壇した内容をあらためてオンラインで講演します。

残念ながらご来場できなかった方に向け、当日のロボット展示風景などもご紹介する予定です。
この機会にぜひ、ご参加くださいますと幸いです。

 ・ ロボットの導入に関する基本的な知識を得たい 
 ・ 最新のデジタル技術を活用した改善事例が知りたい
 ・ 調達領域の物流改善方法が知りたい


講演内容

13:00~13:05 ご挨拶
13:05~13:35

物流ロボット導入の落とし穴
~考慮すべき5つの視点~

物流ロボットへの関心が高まる一方で、コストや知識・経験の不足を理由に導入に足踏みする企業も少なくありません。
また導入に際してはロボットと現行システム(WMS等)における開発や運用面でも多くの知識が求められます。
本セッションでは、WMSの開発や倉庫の運営および改善を行ってきた物流のプロだからこそできる「全体最適」を目指したSIS流ロボットインテグレーションについて解説します。

13:35~14:00

調達物流の課題を解決!
~輸配送コストとCO2削減の両立に向けて~

保管場所の不足、荷受や製造工程へ供給する作業の煩雑化など、製造前の物流では様々な問題が発生しています。
加えて調達領域はコスト・CO2排出量の可視化も進んでおらず、改善の余地が多く潜んでいます。
本セッションでは調達物流にスコープをあて、アウトソーシングを活用して物流コストとCO2削減を両立する方法を解説します。

14:00~14:25

2024年問題をDXで解決
~倉庫とドライバーの密連携で業務を効率化~

限られた物流リソースを有効活用し、多様な物流ニーズに対応するには
「倉庫とドライバーが密に連携しトラックを待たせず無駄な時間をなくす」ことが重要なテーマです。
本セッションでは「倉庫とドライバーの連携」に着眼し、トラックの到着時間に合わせたタイムリーな出庫作業を実現するDXソリューションやロボットを用いた取り組み事例をご紹介します。




開催概要

日程

02/09(木) 13:00〜14:30

会場

[オンライン]
インターネットを利用したライブ配信で開催します。
パソコン・タブレット・スマートフォンのいずれかをご用意ください。

接続方法の詳細はこちら
参加費

無料(事前登録制)

主催

株式会社セイノー情報サービス

お問い合わせ先

株式会社セイノー情報サービス

イベント事務局
TEL:0584-77-2327
FAX:0584-77-2326
E-mail:info@sis.seino.co.jp



ご連絡事項

  • ・同業者様はお申込みをお断りさせて頂く場合があります。
  • ・講演内容につきましては、一部変更になる場合があります。

メルマガ登録

導入事例や新しいソリューション情報など、メルマガ会員限定で先行案内しています。

登録はこちら
セミナー・イベントのお申し込みはこちら
CONTACT

お問い合わせ

サービスに関するご相談、資料請求は
以下よりお気軽にお問い合わせください